いろんな事をツラツラ~と書いています。


Windows 10 Anniversary UpdateからWin32アプリをUWPアプリ(AppX)にしてストアからインストールできるようになり、その後ストア版の秀丸エディタ(無料体験版)やOpen Live Writerをインストールして使ってみたりとかしていたのですが、この前Spotifyのストア版が公開になりインストールしてみたら、何故か起動できないことに気が付きました。

エラーの内容は
「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります」
というアクセス関連のエラーメッセージでした。

色々と試してみたところ、メールとかニュースといった純粋なUWPアプリは起動できるのですが、Open Live WriterなどWin32アプリに限って起動するとエラーメッセージが出て起動できないことが分かりました。

念のためストアアプリがインストールされる「C:\Program Files\WindowsApps」のアクセス権が壊れていないか確認してみたのですが、これといっておかしなところは見つからず。

色々と設定をいじっていたら設定内に「トラブルシューティング」機能があることが分かり、試しに実行してみたらアッサリ直りました。

Windows10の【設定】 - 【更新とセキュリティ】 - 【トラブルシューティング】 - 【Windows ストア アプリ】
とたどり「トラブルシューティング ツールの実行」を押すだけです。

直ったのは良いのですが、エラーするようになった理由やトラブルシューティングで直った理由が全く分からずの状態です。
思い返してみると、これまでDドライブに色々とデータとかキャッシュ関連を保存するようにしていたのですが、ハードディスクの調子が悪くなったので、Dドライブを削除した事が、もしかしたらきっかけだったのかもしれません。



HTMLで長いURLやファイルパスを記載したときに、途中で折り返されないようにしたかったので、メモを残しておきます。

CSSで以下を指定してあげます。

overflow-wrap: break-word;

例えば、次のように記載します。

<span style="overflow-wrap:break-word;">長いパス</span>
「無線LANにおけるアクセスポイントの優先順位」を変更する事と「有線LANと無線LANの優先順位」を変更する事は異なります。

「有線LANと無線LANの優先順位」を変更する事は「アダプタの優先順位」を変更することに相当します。

優先順位を変更する方法は以下の通りです。

・コントロールパネルから【ネットワークと共有センター】を選択。

・左側にある【アダプターの設定を変更】を選択

・メニューが表示されないようなら【Altキー】を押してメニューを表示し、【詳細設定】の【詳細設定...】を選択。

・【アダプターとバインド】タブの【接続】の一覧にあるもので優先順位を上げたいものを選択し「↑」ボタンを押して上位にあげる。
10年前の2007年に購入したFujitsu FMV-BIBLO LOOX T70UのWindows Vistaが2017年4月にサポート終了になることと、2016年の夏頃からWindows Updateが終わらない症状が続いていたので、どうせ使わないし、ということでOSを軽いLinuxに入れ替えることにチャレンジしてみました。

色々と調べてみて、Basixというのが良さそうだったのでこれを選択。

Baisx 3.0は以下から入手
http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd/basix/

FMV-BIBLO LOOX T70UのCPU(Intel Core Solo U1400)は32ビットCPUのためダウンロードしたのは「basix-3.0_i386.iso」で、これをCD-Rに焼いて、CDからブートしてインストール。

インストール後、最初のログインで何故かパスワードを認識してくれず。
マウスで色々なところを触った後(ウィンドウマネージャの切り替えとか、ちょっと触れただけで変更はせず)、もう一度パスワードを入れてみると今度は入れました(謎)。

一番懸念していた無線LANの設定(SSID、WPSのパスワード設定とか)を行ったところ、きちんと繋がり、Firefoxとかでネットにアクセスできました。

日本語入力もMozcというGoogle 日本語入力のオープンソース版が初期状態から使えるようになっていて問題なし。

軽量Linuxだけありメモリも2Gあれば十分という感じ。
でもCPUが「インテル Core Solo 1.20GHz」というとても遅い物のため、Firefoxを立ち上げるだけでCPUのロードが100%になってしまい、ファンもしばらく鳴りっぱなし。

動画はどうかな、といことでFirefoxでYoutubeにアクセスしてみたところ、ちょっと重かったですが、動画も音もちゃんと再生できました。

あと、WindowsではいつもChromeを使っているので、オープンソース版のChromiumを追加でインストールしました。
(LinuxのChromeは今では64ビット版しか配布していないので)
ブックマークの同期などもちゃんと動いたので、いつも使っているブラウザ環境をほぼ再現できました。
(Google Musicによる音楽再生とかもできました)

ChromiumにはFlashが含まれていないのと、Basixの初期状態ではFlashが入っていないので、自分でpepperflashplugin-nonfreeを追加でインストールしてChromiumでFlashを使えるようにしました。

さすがに10年前のノートパソコンで、スペックも悪いので、ブラウザの動作が非常に遅かったです。
とはいえ、Windows Vistaのときから最新のChrome、Firefoxは遅かったんですがね。

OSの起動時間も結構短く、ブラウザ以外ならまだ十分使える状態になったと自己満足しています。
HP EliteBook 1030 G1 (Windows 7、32ビット)で「HP Hotkey サポート」を6.2.29.1にアップデートしたら画面の明るさ調整のキーなどを押すとエラー画面が表示されるようになりました。

表示されたエラー内容は以下の通りです。

問題の署名:
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: hpCaslNotification.exe
アプリケーションのバージョン: 7.1.3.1
アプリケーションのタイムスタンプ: 57ccde16
障害モジュールの名前: KERNELBASE.dll
障害モジュールのバージョン: 6.1.7601.23403
障害モジュールのタイムスタンプ: 56f583e9
例外コード: e0434352
例外オフセット: 0000845d
OS バージョン: 6.1.7601.2.1.0.256.48
ロケール ID: 1041
追加情報 1: 0a9e
追加情報 2: 0a9e372d3b4ad19135b953a78882e789
追加情報 3: 0a9e
追加情報 4: 0a9e372d3b4ad19135b953a78882e789

HP Hotkey サポートのアップデートが原因なのはすぐに分かったのですが、古いものを再インストールしただけでは直らず。

色々と調べてみたところ、HP Support Assistantも関連していそうだったので、一度、以下の3つをすべてアンインストール・再起動し、その後にAdministratorでログオンして再インストールしたら直りました。

・HP Hotkey Support
・HP Support Assistant
・HP Support Solutions Framework

再インストールしたものは以下の通りです。
HP Hotkey サポート: 6.2.24.1
HP Support Assistant: 8.3.34.7
(HP Support Solutions FrameworkはHP Support Assistantをインストールすると勝手に入ります)
突然、手元のXperia ZL2とXperia X PerformanceをWindows 10とUSB接続しても認識しなくなりました。

Xperia Companionを再インストールしても直らず。

色々と確認してみたところ、ドライバー周りがおかしくなっていたのに気が付いたのですが、
ドライバーの再インストール方法が分からず、いろいろと調べるはめになりました。

「デバイスマネージャ」を確認すると、「ポータブル デバイス」にスマホの型番が表示され、「!」アイコンが表示されていました。
Xperia_Windows_USB_1.png


ドライバを更新するするためにプロパティを開き、「ドライバーの再インストール」を選択。
Xperia_Windows_USB_2.png

下の方の「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択
Xperia_Windows_USB_3.png

下の方の「コンピュータ上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」を選択
Xperia_Windows_USB_4.png

「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外し、「(標準のMTPデバイス)」の「MTP USB デバイス」を選択
Xperia_Windows_USB_5.png

あとは「次へ」ボタンを押して直りました。

【参考にしたサイト】
FTJ152AというAndroidでMTPが認識しないトラブルの解決方法
Gmailでメールの自動振り分けでラベル設定でラベルの自動設定をしているのですが、新しい宛先からのメールで設定忘れすることがあり、どのくらい設定漏れが残っているのか調べるために「ラベルが設定されていないメール」を検索しようと思ったので、検索式をメモしておきます。

・ラベルが付いていないメールを検索
has:nouserlabels

参考にしたサイト
Gmail で使用できる検索演算子 - Gmail ヘルプ
auのXperia X Performance SOV33を1月19日に公開されたAndroid 7.0にアップデートしたところ、EdyやSuicaなどのFeliCa機能で読み取りエラーが発生するようになりました。

一度発生るするとEdy、Suicaのアプリが起動できなくなり、再起動すると直るのですが、Edy、Suicaで買い物するとまた再発したりします。
また、Edy、Suicaどちらを使った場合でも起こるので、どちらかのアプリが悪いわけではないようです。

エラー時のメッセージは以下の通りです。

Edy
NFCの設定または機内モードがONに設定されています。
[E:FR:102-01-08]

Suica
起動中に予期しないエラーが発生しました。お手数ですが、携帯電話の設定を確認の上、再度お試しください。(S008)

おサイフケータイ
処理が失敗しました。ICカードをかざしている場合は離してから再実行してください。
(030203)

auショップに行って相談したところ、似た症状の報告が上がっていないらしく、原因不明とのことで、とりあえずICカード(SIMカード)を新しいものに交換してくれましたが、後日、結局また再発してしまいました。

※電池の最適化から該当アプリを除外するといった対応は実施済み

色々振り返ってみると、読み取りエラーが発生する条件として、
ローソンのレジで使った後に確認してみると頻繁に読み取りエラーになることに気が付きました。
(ファミマなどローソン以外の店のレジで使った場合は大丈夫なのです)

原因不明で、改善方法もわからいので、とにかくローソンではEdy、Suicaは使わないことで対応することにしました。

【2017/02/05追記】
CoCo壱番屋で使ったら読み取りエラーになりました。この前まで大丈夫だったのに。

【2017/02/16追記】

再度auに問い合わせていたところ、今回の症状に関して回答が来ました。

以下、回答の抜粋
------------------------------
メーカーにより解析をしたところ、ソフトウェアに問題が生じていることが分かりました。

次回、ソフトウェアアップデートを行い、改修の予定ですが、更新が行われるまで、大変お手数をおかけいたしますが、以下の方法でご利用をお願いいたします。

・操作方法

1.電源OFF→ON操作をお願いいたします。
2.画面をONの状態で、Felica通信をお願いいたします。
------------------------------


上記の「ソフトウェアに問題」とはAndroid 7.0の事です。

また、回避方法として記載されている「電源ONの状態で使用する」とは
本体の電源をONの状態で利用するだけでよく、Edy、Suicaのアプリを起動しておく必要はありませんでした。
(これまで100%落ちていた近所のローソンで回避できることを自身で確認できました)

なお、auからの返事には「アップデートの予定については予定時期が決まっていない」と書かれていたので、
アップデートはしばらく待つしかないですね。

【2017/03/16追記】
auのXperia X Performance SOV33は3月16日のアップデートで改善されたようです。

Xperia X Performance SOV33 アップデート情報

100%落ちていた近所のローソンで問題なく使えるようになったことを確認できました。
おみくじ、今年は大吉でした。

4年連続で末吉の後、去年が吉で、ようやく大吉がきましたよ。
ちょっと嬉しかったので、財布にしまうことに。
IEのURLバーからGoogleで検索した場合に、検索結果をクリックした後に戻るボタンを押すことができない問題に出くわしました。

どうやらIEの検索プロバイダでGoogleの設定が「http://~」になっているためのようです。

レジストリから直接「https://~」に書き換えたら直りました。

レジストリに位置は私の場合は以下でした。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXXXXXXX}]

{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXXXXXXX}の部分はGoogleの情報が格納されているものを各自で探す必要があります。

URLという値で「http://~」となっている箇所を「https://~」に書き換えました。

検索候補アドレスの設定部分も「https://~」にしたらエラーしてしまったので、書き換えない方がよさそうです。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年07月 
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly