いろんな事をツラツラ~と書いています。

統計力学ってなに?

統計力学ってなんでしょ?

実は物理の中でも変わった分野です。

簡単に言うと、基礎力学(古典力学または量子力学)を用いて
多体系(気体や固体など)を記述するための骨組み(フレームワーク)です。

つまり統計力学とは骨組みであって、
基礎力学を与えないと何もできません。

なので、古典力学を基礎にすると古典統計力学、
量子力学を基礎にすると量子統計力学と呼ばれます。


古典力学を選ぶか、量子力学を選ぶかは
対象としている現象が量子効果が効いてくるスケールかで決めます。
例えば、対象の大きさとか温度とかですね。



ときどき、統計力学は量子力学を学ぶ上での基礎とかいう
大嘘を吹き込まれて来る人がいますが、
誰が最初に言い始めたのでしょうかね?

絶対に人前で言わないほうがいいですよ。
 

同じカテゴリーの記事


(2006/05/20) 物質と場
(2006/05/19) 相対論の双子のパラドックスについて
(2006/05/13) 統計力学ってなに?
(2006/05/10) 数学は科学じゃない
(2006/05/09) 科学と数学の関係?
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年09月 
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly