いろんな事をツラツラ~と書いています。

ミクロ・マクロという見方の限界

現代の科学には、現象をどんどんと小さな単位に分解して
説明しようとする考え方があります。

例えば、脳→シナプス→分子→原子→クォーク

ってな感じでしょうか?



逆に多数の物体を平均化して説明しようとする考え方があります。

温度とかですよね。



でも、この二つって極端ですよね。

一方は物の最小単位で説明、他方は全体をのべっっと平均化した形で説明。
実際はこの中間あたりの話というのが
実用的な科学では重要になっていることが多々あると思います。



例えば、
「脳はどのような仕組みで記憶しているのか?」
でしょうか。

シナプスによって、って答えでは不足です。
例えば、さっき食べた夕食がなんだったのかを
シナプスが「どのような状態」になったから夕食を覚えたのか
物理学的に説明できません。
また、脳の中から、どのようにさっきの夕飯という記憶を選別し
取り出すのかも無理でしょう。



シナプスというミクロな説明や、
記憶したというマクロな説明はできても、
その中間である記憶の仕組みまでは
今の物理の方向性では難しそうです。



複雑系って分野がもてはやされていましたが、どうなったのでしょうか?
 

同じカテゴリーの記事


(2006/06/01) 生物学における科学観
(2006/05/31) 科学的に起こらないとは?
(2006/05/30) ミクロ・マクロという見方の限界
(2006/05/27) 不可逆過程
(2006/05/26) 熱力学は風変わり?
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年11月 
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly