いろんな事をツラツラ~と書いています。

科学的に起こらないとは?

科学的に起こらないとはどういうことか?



例えば、こんな話。

コップの水にインクを一適そ~とたらす。
一晩放置しておくと、インクはコンプ全体に広がっている。

これは、熱力学に従い再びインク一滴に戻ることはない。

つまり不可逆現象なんです。



でも、突っ込みたくなる点が一つ。
水もインクも分子で出来ている。
そのインクの分子がたまたま一つに集まる確率は決して0ではないはずだ。
だから、これは不可逆現象ではない!



この主張はあってるのでしょうか?

「起こらない現象とは数学的に確率が0である」
という主張は数学者の主張であって、その考えは科学的ではありません。



インクの話は、一体どのくらいの確率で一つの集まるのか?
・・・・私も計算したことないですが、ひじょう~~~~に小さいとなるそうです。
どのくらい小さいかというと、宇宙が始まって以来、1度も起こったことがないぐらい小さいとなります。



このぐらい小さな確率であった場合、科学的には起こらないと結論付けます。

この辺の考え方は数学者には解せないと思いますが、
科学という哲学では、そのように考えることになっているだ、
と思っていればよいと思います。
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年07月 
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly