いろんな事をツラツラ~と書いています。

ファイル移行にrobocopyコマンドを使う

Windows Serverで構成されたファイルサーバーを新しくすることになり
データの移行に使う良いコピーツールがないか調べてみました。

調べてみた結果、robocopyコマンド(Robust File Copy Utility)を使うことにしました。

robocopyはWindows Vista, Windows Server 2008からは標準で搭載されているコマンドです。
Windows XP, Windows Server 2003の場合は、Windows Server 2003 Resource Kit Toolsを導入すれば使用することができます。

robocopyコマンドの利点としては以下のポイントがあります。

・ファイル名のフルパスが256文字以上でもOK
フルパスで256文字以上になると、エクスプローラでコピーするとエラーメッセージが表示されてスキップされてしまいます。
ファイルサーバーのように多数のファイルを確実に移行する必要がある場合は致命的なエラーなので一番気にしていた点でしたがrobocopyコマンドは約32000文字まで対応できるそうです。

・アクセス権限をそのままコピー可能
ファイルのコピー後にアクセス権限を事細かに設定しなおすのが面倒だなと思っていたのですが、
robocopyコマンドはオプションに/COPYALLを付けることによってアクセス権限を含めた全ての属性情報をコピーできるようです。
ファイルの場合は更新日時のタイムスタンプをそのままの状態でコピーできるようです。


【使い方】
新しいサーバー上からrobocopyを実行し、古いサーバーの共有フォルダから新しいサーバーのローカルディスクにコピーする場合は次のようにします。

robocopy \\OLDSERVER\SHARE\PATH C:\SHARE\PATH /E /COPYALL

ドメインが異なる2台の間で使うと、上記のコマンドではセキュリティ情報(NTFS ACL)がコピーされない問題が発生します。(異なるドメインのメンバ サーバーの間でファイルを移行するにはローカル グループを解決することはできません。
その場合は「/MIR」を付けるとセキュリティ情報もコピーされます。

robocopy \\OLDSERVER\SHARE\PATH C:\SHARE\PATH /E /COPYALL /MIR

さらにログを残したい場合は「/LOG:ファイルパス」を使います。MIRを指定すると進行状況がログに書き込まれて邪魔なので「/NP」で消してしまいます。

robocopy \\OLDSERVER\SHARE\PATH C:\SHARE\PATH /E /COPYALL /MIR /LOG:C:\SHARE\LOG.TXT /NP



robocopyコマンド自体は非常に多機能で、上記のようなファイルをコピーするだけのツールではなく、二つのフォルダを同期したりする機能もあり使いこなせれば強力なツールのようです。

参考にしたページはRobocopyでフォルダをコピーです。

RobocopyをGUIで操作するソフトとしては以下のようなものがあるみたいです。
RichCopy
Robocopy GUI
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年06月 
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly