いろんな事をツラツラ~と書いています。

狼と香辛料XIIを読んでみた

狼と香辛料の第12巻を読みました。



北の地図を書いてもらうことの引き換えに、フランという褐色の肌をもった女性の小さな村の伝説を求めるため旅に、ロレンスたちが付き合わされる話です。

話の中で一番驚いたのは、小屋に居た(?)修道女のところでした。

もちろん、ラストの部分の種明かしにも驚かされましたが、伝説に見合う状況を頭の中でイメージできなくて・・・アニメで見せてくださいm(_ _)m
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年10月 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly