いろんな事をツラツラ~と書いています。

映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきた

そろそろ空いてる頃なので「ダ・ヴィンチ・コード」を見てきました。

ちなみに・・・・吹き替え版(-_-;)
だってさ、着いたら字幕版が始まったばかりで
次のを待つのが嫌だったんだい!



見た感想はというと、最大の謎は・・・・

なぜタイトルに「ダ・ヴィンチ」の文字が入っているのか!?
ダ・ヴィンチ関係ないじゃん(´・ω・`)

ダ・ヴィンチの美術品に関する映画だと思って
見に行ったご年配の方とかいないか心配ですよ(´Д`;)ヾ



この映画の題材はキリスト教ですよね。

私は、無信教者です。
それに、謎だらけで宗教テイストのある作品とか好きな人なので
特に不愉快な気分になることなく楽しめました。

ただそんな私でも、この作品を見て感じたことは
確かにキリスト教を馬鹿にしているなと。
しかもちょっと攻撃的な部分もあります。

キリスト教の信者が怒るのも仕方ないですね。



だって、もしもですよ、海外の人が
「日本の武士道」を馬鹿にしたフィクションの小説・映画を作って、
しかもそれが世界的に「超」大ヒットしたとしますよ。

そのとき日本人は海外の人に向かって
「正しい日本人の武士道を知ってくれ!」と叫ぶでしょ。
政治家も正式に非難するんじゃないでしょうか?
だって間違えた認識を世界中の人が信じちゃうんですよ。
日本人として気分悪いじゃないですか。



そう考えるとキリスト教信者が
ダ・ヴィンチ・コードに怒っている理由もわかります。

いくら「この物語はフィクションであり、登場人物は架空のものです。」
と表示しても意味ないです。



ちなみにこの作品で、いいこと言ってると思ったところもあります。
「コンスタンティヌスのキリスト教公認は政治色が強い」という部分と
「マグダラのマリアが娼婦であるという話は間違い」という部分。

これは歴史的に事実でしょうしね。

あとの話は・・・・信じるにはちょっと無理が(-_-;)
 

コメント

コメントの投稿

送信時にキーを入力しておくと後でコメントの編集ができます。
管理人にのみ表示する

トラックバック

トラックバックURL:

ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバックは受け付けない設定になっています。

プロフィール

かず

かず (プロフィール)

サイト検索

カレンダー

 2017年10月 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

フィード

RSS 1.0 RSS 1.0

follow us in feedly


スポンサード リンク

Amazon.co.jp

楽天

FC2ブログ

ブログ


Copyright (C) 2017 はッいィ~!? All Rights Reserved.
テンプレート by LinkFly